ヒプノシス(退行催眠)のセッションは、自分と向き合う時間です。

私たちは日常生活で、潜在意識の中にある情報を元に、判断したり、何かに反応しています。催眠という顕在意識と潜在意識が統合された状態のときには、キーワードとなる言葉や感情などを(情報の元である)潜在意識に直接問いかけることが出来ます。潜在意識は独自では判断しないという特長があり、問いかけには言葉通りに反応し、それにつながる情報を、視覚的または直感的にご自身で受け取ります。

持ちたくない感情、とらわれたくない過去、改善できたらもっと楽になる生き方を、セッションを通して体感していきます。

自分が変えられるは、自分だけです。ヒプノシスは、本来のあなたの輝きを再認識するための、サポートをしています。 

通常ヒプノシスのセッションは3回を1セットと考えています。回を重ねるごとに、より深い自分とのつながりを感じやすくなります。

セッションの種類と内容

退行催眠 

■ ヒプノシス <退行催眠、前世、未来世>
ヒプノシスのセッションは、受ける方のニーズによって変えていきます。基本的に退行催眠を中心におこない、「現世の過去」または「前世」が、 「今の自分」にどのように影響し関係しているかを認識します。将来のヴィジョンをしっかり持ちたい方には未来世、身体に不調を感じる方にはNLPを加え、 というように、そのときの流れ、受けられる方の状況や目的に合わせて、時間内でカスタマイズしていきます。

過去への退行を中心におこなう理由は、人の思考、感情、言動は、過去の記憶や経験など、潜在意識に記録された情報をもとに、現実の社会に対応していると考えられているからです。 誰でも何らかの過去の影響を受けて、今を生きているわけです。

過去や前世をとおして、現在の自分自身の状況を把握し、なにが問題であるか、その核なる原因と意味を考え、どう解決するのか自分で判断して決めていきます。 自分の本質や魂の経験(前世)を理解し、過去からの影響の「誤った認識」と「必要のない古い感情」から解放され、「現在」を自分らしく自由に生きていくことが、 このセッションを受ける大きな目的のひとつです。

セッションを受ける主な理由として

・人間関係、特定状況においての自分の思考や行動パターンを変えたい。
・(理由がはっきりしない)不安、恐怖、罪悪感を解消したい。
・現状を確認し、今後の人生のヒントを得て、もっと自分らしく生きたい。



NLP

■ コア・トランスフォーメーション
自分の中で変えたい「行動」「感情」「反応」をとおして、自己の根源(コア)を深く認識するプロセスです。 これはNLPのテクニックですが、催眠に入れるか心配な方、こういったセラピーを初めて受ける方には、 ぜひ試していただきたいセッションです。

■ アレルギー(花粉症)改善
主にNLPを 使って、アレルゲンに対する誤った認識やプログラムを組み直します。 アレルギー症状があるがために受けた経験や、そこから生じた感情を解放します。花粉症でお困りの方は、コラムの「花粉症改善」をご自身で試してみてください。 

■ インナーチャイルド & 身体との対話
インナーチャイルド(本来の自分、感情、子供時代の自分の象徴)や身体との対話をとおし、心が身体にどう影響をしているのか、なにを望んでいるのかを認識し、 原因となっている感情(過去の体験からの思い、ネガティブなエネルギー)を解放します。子供時代に身体が弱かった、アトピー、小児ぜんそくの症状があった方には、特にお勧めします。



上記の改善プロセスは、セッションを受けてからも時間をかけ、徐々に身体を慣らすことが重要です。1回のセッションでも効果がありますが、継続的におこなうことで、 新しい情報を潜在意識にしっかり定着させ、長い間の古い習慣に戻らないようにすることが大切です。

もうひとつの目的は、心と身体からのメッセージをスムースに受けとれるようになることです。セッション後は、身体との対話で得た情報を実行し、 朝晩のポジティブ・アファメーション(暗示)を続けて、改善の効果をより高め、身体の変化を敏感に察知できるようにします。

感情(ネガティブ・エネルギー)の解放の効果
今まで止められていたポジティブなエネルギーが流れだして、
心が満たされ癒されます。
もちろん心と身体はつながっているので、心が満たされると、
身体にも影響して自己治癒力がアップします。 

©2018 by MotoiUrano.com Proudly created with Wix.com