気づきからすべての癒しははじまる
ホームページ ヒプノセラピー コラム セッション セミナー セラピスト お問い合わせ リンク
・「花粉症改善」
・「100匹目の猿」
・「子供の想像と現実」
・「前世療法」
・「引き寄せの法則」
・「影響力の関係」
・「引き寄せるもの」
・「コア・ステート」

「アレルギー・花粉症改善」



water花粉症になる原因は何でしょ う?
環境や食生活にも問題があるかもしれませんが、意識のはたらきから考えると、
・メディアなどから花粉症の情報がくり返され、 暗示のようにインプットされる。
・身内や仲の良い人に同調して、自分も同じ症状になる。
こういったことで影響を受ける場合もあります。

NLPで は「花粉をアレルゲンと間違って認知し、身体が過剰反応をしている。」と受けとり、 それならば「身体の間違ったプログラムを書き替えれば改善する!」と考えます。

NLPは医療行為ではありませんが副作用もないので、ご自分で試してみてください。



一回にひとつの改善が原則で、一番最初に症状がでたものか、現在一番困っているものを選びます。

1)原因(アレルゲン)によく似ていて大丈夫な物を捜します。例えば、杉が駄目でも、 松は大丈夫など。
2)椅子に座って天井の一点をじ〜っと見つめて、疲れたら目を閉じ、楽に息をします。
3)最初に松を想像して、自分が大丈夫な事を確認します。

「松は大丈夫」と思いながら、大きく息を吸うのと同時に腕のどこかを反対側の指で圧し、 身体に「大丈夫」という感覚のしるしをつけます。これをアンカー と呼びます。

4)アンカーをしたまま(指で圧したまま)、松林の中を歩いている自分を想像します。 *症状が重い場合は、自分は安全な所にいて, ガラスの向こうに、もう一人の自分が松林を歩いてる。 と第三者的な視線で自分を想像します。

松林の向こうのほうに、杉が一本みえてきました。大丈夫そうなら、杉の近くに少し寄って、 ムズムズしてきたら松に戻って・・・・・と徐々に慣しながら杉に近づきます。 「松が大丈夫だから、杉も大丈夫!同じ自然のもの!松も杉もかわらない!」と思えたら、 アンカー(指)をはずします。 * 第三者的に見ていた人は、安全な場所の自分に戻ります。

5)そして魔法の言葉 (自分にあった暗示をつかいます。)
「私の免疫は健康的に反応する。」「花粉は自然の物で安全だ!」 と 3回ずつ言います。

6)今までなら花粉症が原因で出来なかった事を、楽しそうに行なっている自分を具体的に想像します。
df
例えば、友人と一緒にハイキングしながら、美しい自然を満喫している姿。 マスク無しでお洒落をして、ショッピングに出掛ける姿。

潜在意識はイメージの意識ですから、具体的で想像しやすい情報を好みます。

7)最後に自分で1、2、3、と数えてから、目を開けます。

朝起きた時、夜寝る前(リラックスしている時)3回ずつ魔法の言葉を言いましょう!
「私の免疫は健康的に反応する!」 「花粉は自然の物で安全だ!」
これを自分が大丈夫だと思うまで、長い習慣や認識を書き替えるまで続けます。
ムズムズしてくる事があったら、アンカーを再び圧して、心を落ち着けて、魔法の言葉を繰り返します。

セッ ションのページにも書きましたが、改善プロセスは、時間をかけ、徐々に身体を慣らすことが大切です。 特に食物アレルギーの方は、「1週間以上たってから少し試す」というように、「間隔をあけて少しずつ」が基本です。

**蕎麦アレルギーのように呼吸器に症状がでるようなアレルギーの方は、 決して無理をせず、ご自分の責任と判断でおこなってください。



私自身は給食の「イカリング」にあたってから甲殻類のアレルギーになり、それをきっかけに花粉、ハウスダスト、ネコ、ビニールなど、 本当にさまざまな物に反応するようになりました。

ヒプノセラピーの学校でこのNLPの方法を知り、授業の実習で花粉症は改善されました。でも自分の中では十分だという感じではなく、一番の問題「海老」を治せば、根本的にアレルギー体質が変わるのではないかと思い、個人セッションを先生から受けました。

セッションから1ヶ月後、人生で初めてロブスターをほんの少しだけ食べたところ、身体の内側でグワァ〜〜ン!と、お寺の鐘がなったかのような衝撃がはしり一瞬緊張しましたが、取り合えず何の症状もでませんでした。
ebi
それから1年半後、旅先でご好意で出して頂いた「甘エビ」を食べたところ「美味しい」と感じ、それ以来、今までならよけていた海老を、美味しく食べれるようになりました。まだ「桜エビ」は苦手ですけど、20数年食べられなかった物なので本人は十二分に満足しています。そのうえ「海老」のセッションの後は、 アレルギーの心配がほとんど無くなり、制限の無い環境で、日常を快適に過ごしています。

花粉症やアレルギーは身体に症状がでるので、食べ物、環境、身体の防御には工夫されますが、 心(意識)と身体はつながっています。意識が変われば、身体の反応も確実に変わってきます。


2008年3月6日 ウラノモトイ


Top

 

Copyright (c) 2008 Awareness MotoiUrano.com All Rights Reserved.