気づきからすべての癒しははじまる
ホームページ ヒプノセラピー コラム セッション セミナー セラピスト お問い合わせ リンク
・「花粉症改善」
・「100匹目の猿」
・「子供の想像と現実」
・「前世療法」
・「引き寄せの法則」
・「影響力の関係」
・「引き寄せるもの」
・「コア・ステート」

awareness アウェアネス  :  気づく、知ること、自覚、意識



「気づき」 そして「はじまり」

慣れた道を運転しながら、ある苦手なことがフッと頭に浮かんだ。
苦手だけれど、よく考えてみると以前は普通にやっていたような気がする・・・
「いつから苦手になったのだろう?」と自分に問いかけてみると、数年前のある場面を思い出した。

pathそのときは急いでいたので、 「これ苦手だからやってくれない?」とわざわざそう言って友人に頼んだところ、 その友人は親切にも、すぐそれを目の前でやってくれた。
あまりにスムースにことがすすんだので、このお願いのしかたは正解だったと、 どこか得意気になっている自分がいた。

人に頼むために「苦手」と、その場の都合で、何気なくつかった言葉が、 理由を忘れて「苦手」という意識だけが残ったことに、そのとき初めて気がついた。
たったそれだけのことで、いつのまにか苦手だと思い込んでいる自分がいた。

そんな理由で出来た苦手を、どうにかして変えたい!と考え、 少し前に読んだ本に書いてあったことを思い出し、イメージで自分の意識を変えるプロセスを試してみた。

「目の前にある道に、大きな石で行く先がふさがれているのをイメージし、それを取り除く。」

このシンプルなプロセスで、気持ちがとても楽になったことは今でも覚えている。
skyinglassほんの数分の間に頭の中で起ったことは、本当に大きな「気づき」であった。

人は無限の可能性を持って生まれている。
でも社会のシステムや、世間の常識の中で生きていくために、意識的、無意識的に制限という壁をつくり、 自分を守っている。そのなかには、じつは過剰な防御であったり、もう今はいらないのに、必要だと思いこんでいる壁はないだろうか? 自分が窮屈に感じることの多くは、きっと自分で変えることが出来、もっと自分らしく心地よく生きられるのではないだろうか!? 私はその可能性をこのときに実感した。

それが意識のはたらきに深く興味をいだいた「はじまり」で、ヒプノセラピーを学ぶきっかけとなりました。

意識のしくみを知れば、とてもシンプルに解決することがあります。
この「コラム」では、そういった意識のことを書いていこうと思います。


2008年2月 ウラノモトイ


Top

 

Copyright (c) 2008 Awareness MotoiUrano.com All Rights Reserved.