気づきからすべての癒しははじまる
ホームページ ヒプノセラピー コラム セッション セミナー セラピスト お問い合わせ リンク
・「花粉症改善」
・「100匹目の猿」
・「子供の想像と現実」
・「前世療法」
・「引き寄せの法則」
・「影響力の関係」
・「引き寄せるもの」
・「コア・ステート」

「無意識に引き寄せるもの」


今だからこそ「引き寄せの法則」の意味を、もう一度 よく考えてみましょう。

アメリカの経済が不安定なことで、色々なことに影響がではじめています。私の知り合いのマッサージセラピストは、契約していたスパから10月中旬に突然解雇されま した。人員整理はその2週間前に一度おこなわれ、セドナの観光シーズンが終わる11月中旬までは、とりあえず大丈夫だろうと考えていたようですが、経営者 側はこの状況を、もっとシリアスに受けとめているようです。

誰にでも経済的な心配や不安は、心のどこかにあると思います。ですから、こういった世間の空気や身近な人間の心情には同調しやすく、知らないうちに自分も 周りと同じ ような不安 を抱えてしまう場合があります。そして不安はまた他の不安を引き寄せ、ネガティブな意味での「引き寄せの法則」が始まります。
blue
こういったネガティブな気持ちが重なると、人は過去の経験や世間からの情報をもとに「メン タルムービー」を作り上げます。このムービーのスイッチがオンになると、頭の中で何度もス トーリーがくり返され、 もうその状況から抜け出せないような、不安に押しつぶされそうな気持ちになってきます。

意識の勉強をして、いくら知識があったとしても、人間なら誰でもこういった状況にはいる可能性があります。それは 知識よりも想像力の方が強い』と いう法則、 『理論的な顕在意識よりも、想像的で感情的な潜在意識の方が断然パワフルで影響力がある!』ということ からです。

「メンタルムービー」が始まって止められないときは、心を許せる人にその話しを聞いてもらいましょう。人に説明するときには感情がはいり、その感情(エネ ルギー)は話すことで解放され、気持ちが楽になります。身近にそういう人がいない場合は、その気持ちを書いてみるのも助けになります。せっかくな ので、このとき本当の問題点は何なのかを追求してみてください。話しているとき、または書いているとき に一 番感情が入った言葉、その言葉がポイントです。本当の問題は、そこに隠されています。

本来「引き寄せの法 則」は、自分の願いを達成するために利用するものですが、周りが不安定なときは、無意識に引き寄せてしまうものがあるので気をつけ ましょう。こういう時だからこそ、意識して自分らし く楽しく過ごして、本当に望んでいるものを引き寄せることが、とても大切なのです。


2008年10月28日 モトイ



Top

Copyright (c) 2008 Awareness MotoiUrano.com All Rights Reserved.